失敗しない選び方

抽出方法をチェック

市販されている馬のプラセンタに関しては、どのような方法でエキスを抽出しているかで品質が大きく変わります。安心できるのは酵素分解法と細胞壁を破壊して抽出したもの、酵素の力を混ぜた凍結酵素抽出法の二つが使われていることです。このやり方は、抽出された成分が壊れないようにするためなので品質的にはとても高いといえます。

安全性

どのプラセンタにも言えることですが、きちんと殺菌消毒がなされているかどうかが重要です。プラセンタの胎盤はつまり内臓なので、肉と同じように品質に気を付けるべきところです。殺菌がなされていないとウイルスや雑菌が残存したまま製造されるため、長く飲むには不適切だといえます。

配合量が適切か

加熱をした後殺菌消毒を行い原液のまま使う場合と、乾燥させて粉末状にしたものを原料とする二つの製造方法があります。より多くのプラセンタが含まれるものは原末の方で、仮に10.000mgのプラセンタを乾燥させた場合、濃縮すると200mgの原末になります。50倍濃縮になるので濃さでいえば完璧でしょう。配合量がイマイチわからない時は、メーカーへ直接連絡を取り確認をしてください。

広告募集中